地域社会とともに生き切る覚悟はありますか?

簡単に商圏を拡げることができる時代になりました。海外にモノを売るのも簡単です。しかしながら、中小企業こそ、狭い商圏、生まれ育った地域に目を向けなければなりません。なぜかというと、大手は地域密着戦略では生き残っていけない時代に突入しているからです。大手の経営には売上の規模が必要です。中小企業の場合には、少ない顧客でも粗利をしっかりと取れれば、ある程度経営を成り立たせることができます。売上の規模ではなく、地域に密着した多角化経営で、粗利の拡大を求めていく姿勢が重要ではないでしょうか。だからこそ、地元にこだわることが必要で、地域社会とともに生ききる覚悟が必要だと思います。私はその体制で収益性を大きく改善することに成功しました。伊豆の国市とともに生きる、それが当社のモットー。ネット社会だからこそ、消費者に顔の見える経営が求められているのだと、私は考えています。

伊豆の国市で新聞取るなら、清水新聞店まで!お気軽にご連絡ください!

伊豆の国市の新聞販売店/オリコミチラシ等広告制作・印刷会社/集客支援の秋田豊中小企業診断士事務所/集客・マーケティングセミナー認定実施機関

・静岡県伊豆の国市にある新聞販売店(伊豆長岡駅・韮山駅近く。新聞・本・お茶・広報・生活情報紙・オリコミチラシ等各種宅配) ・オリコミチラシ等広告制作・印刷会社 ・集客支援の秋田豊中小企業診断士事務所(起業・副業・経営相談、補助金活用支援、セミナー講師) ・各種セミナー企画・開催(静岡県職業能力開発促進センター認定企業研修実施機関)

0コメント

  • 1000 / 1000